2014年07月12日

オリンパスED12mm F2.0


12mm.jpg


今回は春の北海道取材中に気に入って使用していたオリンパスED12mm F2.0についての話。このレンズは、金属外装で使用感がとてもいいが、何と言っても軽くて高画質。特に逆光性能がいい。メインで使用しているレンズだとフレアなどの障害を避けるために構図が思い通りならない事も多いが、このレンズだとあまり気にしないで構図に集中できる。でも全く出ない訳ではないので...
高橋お勧めの1本なので、気になった方は、お店で直接触って見てください。画像は、逆光の摩周湖。普段はしない低速シャッターの手持ち撮影。


高橋よしてる http://www.y--t.com/


posted by JSPA at 09:31| 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

”オリンパス 水中ハウジング”

_5121120.jpg

5月の北海道取材で水中撮影を行った。

機材は、オリンパスE-M1+ED8mm F3.5の組み合わせに専用防水プロテクターPT-EP11+PPO-E04だ。今回は、鮭の稚魚の撮影。出来るだけ明るいイメージで撮影する為、光が良くまわる時間帯で撮影を行った。この川は浅いのでシュノーケルにマスクと言った簡単な装備で川に入る事にした。本当なら全身を沈めて撮影したい所だが、強い流れの箇所もあり、流されてしまうので、今回は諦める事にした。現場に到着し早速撮影に入る。撮影は、膝をつき前屈みでファインダーを覗くと言う辛いスタイルになるのだが、ここでPT-EP11の売りであるピックアップレンズが威力を発揮する。無理な体勢でも構図が確認し易く、好評の超高精細EVFを有効に使う事が出来る。本体自体も小型軽量なので、取り回しが良く、自分の撮影スタイルにとてもしっくりくる機材である。

結局今回の取材では、二日間撮影しただけで、長雨に見舞われ、思うように撮影出来なかったが、新たに来年のイメージも出来たので、来年の今頃はE-M1+ED8mm F3.5と防水プロテクターPT-EP11でまたこの川に入っていると思う。

興味がある方は、オリンパスのサイトをチェックして欲しい。


高橋よしてる http://www.y--t.com/


posted by JSPA at 12:22| 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

新型日産キャラバン登場

hgsfg.jpg

風景カメラマンには三菱デリカ、トヨタ・ハイエースとならんで人気のある日産キャラバンがモデルチェンジされて、来年の夏に発売されるようです。これで車中泊用の車選びにも、選択肢が増えますね。

http://www.nissan-global.com/JP/SOCIALCONTRIBUTION/MOTORSHOW/2011/TOKYO/NV350/

http://response.jp/article/2011/11/08/165086.html

が、このデザイン、遠目ではそのまんまトヨタ・ハイエースに見えてしまうのは私だけでしょうか?たしかにハイエースはこのクラスで抜群の売り上げを誇り、キャラバンを大きく引き離しています。その耐久性も定評があり、日本でさんざん酷使されたハイエースでさえ、発展途上国向けに輸出するために、いい値段で買い取ってもらえます。おまけに盗難被害数が毎年第一位を獲得するなど、その評価は裏社会にまで浸透しています。

しかしハイエースは既に数年前に発表された車。そのデザインを今更真似するなんて、社内的にも賛否両論だったことでしょう。私としてはトヨタが真似するぐらい一歩先を行くデザインを期待していたのですが、みなさんはどうお考えでしょうか?

夜景写真家 川北茂貴
http://www.geocities.jp/shigeki_kawakita/

posted by JSPA at 10:18| 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

私の使用機材 その二

110216_1347~01.jpg


今回の機材は、kowaのテレフォトレンズPROMINAR 500mm f5.6FLです。
僕の持ち物では、ありませんが航空機などを撮影している写真家N氏
から現場でちょっとだけ借りて撮影しました。
写真では、大きく見えますが実際はとてもコンパクトな作りで重さも2キロ弱になっています。
特徴としては、ボディーとレンズ本体の間にかますアダプターを変える事によって、
350mm f4、850mm f9.6のレンズとして使える事とフローライト(蛍石)と
特殊低分散レンズを2枚を搭載した事で得られる高画質である。
ただ残念な点もいくつか・・・
一つ目がMFと言う事。
後ろのモニターでじっくりピントを合わせて撮影するスタイルの人は、
何の問題も無いと思うが、AFに慣れた人には、ちょっと物足りない感もあるかも知れない。
もう一つが実絞り測光(絞り込み測光)でしか使えない事。
絞り込んで撮影すれば、当然ファインダーは暗くなり、撮影しにくくなってしまう。
でも画質的には、とても優秀なので被写体によって使い分ければ、
頼もしい武器になるのは、間違い無いだろう。


高橋 よしてる
posted by JSPA at 14:39| Comment(1) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

私の使用機材 その一

101005_064347_ed.jpg


最近、気に入って使用している三脚がある。
それが写真のインデューロ(INDURO)CT414だ。

これは、8層のカーボンを用いて、
耐荷重25キロと言う強度を誇り、
四段で縮長65センチと携帯性にも優れている。
全高197センチとハイアングルまで
カバーしてくれるのも心強い。
気に入っている点は、締め付けロックが
半回転で良い事と、表面がマット仕上げとなり
汚れが付きにくくなった事で、スムーズな
伸縮性が得られるようになった事だ。
気になった方は、お店でお手に取ってご覧下さい。

高橋のお勧め機材 その一でした。


高橋よしてる http://blog.goo.ne.jp/yoshi8024
タグ:機材 三脚 写真
posted by JSPA at 17:18| Comment(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする