2016年02月15日

協会WEB写真展


日本風景写真家協会の会員WEB写真展を更新しました。

肱川あらし(赤橋).jpg


第十一回は、河野達郎氏の「地球の鼓動」です。
テーマは 肱川あらし です。


日本風景写真家協会ホームページは下記からご覧いただけます。
多くの皆様のご高覧をお願い申し上げます。

http://fuukei-shashinka.com/





広報 佐藤尚
posted by JSPA at 00:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

八幡平 秋田県

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


佐藤尚
http://www.satophoto.net/



_DJT5073sHP.jpg

東北の中で早く紅葉する八幡平は、
広葉樹が多く様々な彩りを楽しむことができます。
冷え込んだ朝の大沼では水面から霧が上がる幻想的な景色がみられました。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

大理石の石柱 折石 岩手県 

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


本橋昴明
http://www.komei-photo.sakura.ne.jp/



大理石の石柱折石HP.jpg

巨釜半造は大理石の奇岩が続く唐桑半島の一大景勝地である。
そこに立つ大理石の石柱は明治の三陸大津波で上部が2mほど折れたらしい。
前回の大津波は東北沿岸のみならず、東日本全体に未曾有の被害をもたらしたが、
この写真はその2年ほど前に撮影していたものである。
高田松原の一本松が復興のシンボルのように、
この折石も大津波に負けずに立ち続けていることから
気仙沼市の復興のシンボルとなっている。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

蔦川 青森県

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


萩原俊哉
http://homepage2.nifty.com/hagihara-photo/



DSC_2624HP.jpg

早朝の蔦沼で撮影を終えてから駐車場に戻る途中で出会ったシーンです。
水面に漂う落ち葉と対岸の映り込みがとても印象的に思え、
レンズを向けたものです。

青森県十和田市蔦川



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

八幡平 岩手県

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


小曽納久男
https://www.facebook.com/hisao.osono



100-6108S5D6HP.jpg

10月中旬、東北道松尾八幡平ICから降り松川渓谷へ行く途中、木々の紅葉とカラフルな家々が立ち並んで、おとぎの国の様な光景が視界に現れた。この時期、紅葉の撮影に東北へよく来ますが、来るたびに新しい発見があります。この場所は自然と人間がとても調和の取れた所の一つだと、私は、思いました。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

抱返渓谷 秋田県

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


小川秀一
http://buna-togakushi.p2.bindsite.jp/



回顧の滝HP.jpg

東北には季節を変えて何度も行くが、
抱き返り渓谷の紅葉は最近外ればかりで良くなかった。
昨年は遊歩道の突き当たりにある回顧の滝が鮮やかで撮影が出来た。
標高の高い山岳の紅葉は、寒気の影響を受けて写真にならない時もある。
それに比べ里の紅葉は、毎年そこそこは撮影出来るのでマイペースで
ゆっくり温泉に浸かったり出来るので楽しい。
特に入浴料が安いのが一番、また今年も行きたいな。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

北山崎 岩手県

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


富田文雄
http://www.f-tomita.com/



朝焼けの北山崎HP.jpg

2011年3月11日、東日本大震災により三陸海岸は大きな被害を受けた。震災からの復興及び被害の伝承を目的として陸中海岸国立公園が2013年5月に三陸復興国立公園と名称が改められ、地域も青森県八戸市の種差海岸から宮城県石巻市の牡鹿半島まで約220kmにも及ぶ範囲になった。北部にある豪壮な大断崖である北山崎は三陸海岸の目玉いや日本の有数の景勝地である。大きな被害がでたなかで自然風景は以前と変わらない風景を見せてくれている自然の偉大さに心を打たれる。北山崎の朝焼けを撮影するため駐車場で車中泊をしてまだ暗い夜明け前にはセットをして明るくなるのを待つ。徐除に明るくなり朝焼けになり朝陽が断崖を照らし始める。三陸海岸の今後の明るさを象徴しているようであった。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

鳴子峡 宮城県

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


木崎実
http://www.mi-photo.jp/



KZK_0010HP.jpg

宮城県大崎市の鳴子峡、撮影は2014年10月26日。
この日は晴れの良い天気に恵まれて、駐車場や橋の上は大賑わい。
午後の日差しの中、東北の秋を満喫する事が出来ました。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

岩木山 青森県

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


片岡巌
http://www.kataokaphoto.jp/



_MG_3180HP.jpg

「赤いりんごに唇よせて」、大ヒットしたりんごの歌。
津軽人の心の山・岩木山の麓には、赤く色づいたりんご畑が広がっています。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

裏磐梯五色沼 青沼 福島

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


新海良夫 http://www.shinkai-photo.com/

福島県 五色沼の青沼FB.jpg


森と湖や沼が点在して美しい景色の裏磐梯五色沼。四季を通じて多くの観光客を魅了する景色がそこにある。かし、この美しい自然美は、磐梯山が1888年(明治21年)に大噴火して多くの犠牲者を出した災害の上に成り立っています。現在見る美しい裏磐梯の景色は、長い年月かけて自然と人々の力で作り上げてきた美しい自然なのです。五色沼の青沼を見ているとエメラルドグリーンとコバルトブルーが織り交ぜた美しい色彩があり、自然が作り出す色彩の美にとても感動します。この色彩は晴天時が艶やかなのですが、曇天の時にはまた違ったブルーの水の色に出会えます。
“がんばれ東北” 
一度足を運んでみませんか?


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

奥中山高原のレタス畑 岩手

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


佐藤尚 http://www.satophoto.net/

TOB2136ssFB.jpg


岩手県北部の奥中山高原は、標高300m〜800mにあり
冷涼な気候から東北有数のレタス産地となっています。
丘陵地の畑に穴の開いたビニールがかけられ苗が植わっていました。
大震災の年の初夏に訪ねてます。
内陸部なのに至る場所にたくさんの地割れ跡があり
震災規模の大きさを感じました。
東北の、農業や漁業をずっと応援しています!


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

元滝伏流水 秋田

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


縄手英樹 http://nawatephoto.com/

_MG_5998FB.jpg


元滝伏流水は鳥海山の伏流水が岩の隙間から流れ出てきている感じがして、とても神秘的な感じがする滝です。高さは5m、幅は30m程度の小さい滝ですが、ここの水は外気との温度差があまりにもある為に、周囲が霧状に包まれている事が多く、その為か滝の周囲は苔が張り付き、滝の白と苔の緑のコントラストが絶妙で、一度は足を運ぶ価値のある場所ではないかと思います。


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

羽黒山 山形

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


富田文雄 http://www.f-tomita.com/

羽黒山参道FB.jpg


『有難や雪をかをらす南谷』『涼しさやほの三ヶ月の羽黒山』。奥の細道を旅する松尾芭蕉が羽黒山で詠んだ句です。松尾芭蕉が奥の細道に旅立ったのが1689年3月今から326年前、芭蕉が訪れた各地は当時とは当然状況が変わっているがここ羽黒山山中は当時の面影を色濃く残している。羽黒山表参道は随神門から始まり全長約1.7km2446段の石段が延び、両側には推定樹齢350年から500年の杉並木続き400本以上の数があり国の特別天然記念物に指定されている。
杉の巨樹に囲まれ天に向かう石段を歩くと希望と目標に向かって歩いている気持ちになり心地よい汗をかく、谷から吹く風が山や木々の爽やかな匂いを運んでくる、芭蕉の句を肌で感じる一場面である。


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

田沢湖と辰子像 秋田

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


小川秀一 http://buna-togakushi.p2.bindsite.jp/

田沢湖FB.jpg

「日本のふるさと」
一口に東北と聞かれて、??
写真を撮る立場から見ると、桜・夏祭り・農山村風景
様々な被写体があっていつもお世話になっている。
特に個人的には夏の行事に強く惹かれたびたび訪れている。
東北4大祭りだったり、まだ無名だが素朴なまつりや花火大会だったり、
感動を頂いて帰ってくる。
魚も旨いし、温泉も良し、
ほっこりする人々と癒される風景、
いつまでも後世に残して欲しいし。
微力ながら少しでもお手伝いできたらと思っています。
夏にはまた行きます、日本のふるさとへ。


posted by JSPA at 00:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

八甲田 青森

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


萩原俊哉
http://homepage2.nifty.com/hagihara-photo/


JSPA東北FB.jpg


「この地に生きる」
東北地方は四季を通して訪ねることの多いエリア。春の花、夏の森、秋の紅葉、冬の雪… 四季折々の豊かな彩で出迎えてくれます。つい東北地方に足を向けてしまうのは"心の故郷"を感じさせてくれるからかもしれません。この作品は、青森県八甲田で撮影したぶなの古木です。長かった冬を終え、力強い日差しを浴びながらたくましくこの地に生きる姿に心打たれました。


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

三陸鉄道北リアス線 岩手

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


片岡巌 http://kataokaphoto.jp/

_DSC4446FB.jpg

_DSC4666FB.jpg


NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」の舞台で有名な
三陸鉄道北リアス線は岩手県「久慈駅」〜「宮古駅」で
現在は「三陸復興国立公園」に指定され
北部は海のアルプスと呼ばれる北山崎、
南部は宮城県のリアス海岸で
美しい海岸や海の幸を楽しむ事が出来ます。


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

朝靄に霞む山田湾 岩手

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


高橋智裕 
http://riretomo.wix.com/tomohiro-takahashi


P5030031FB.jpg


津波で多くの命が奪われ、町も海も壊滅的被害を受けた山田町。
それでもこの海を愛し、海とともに生きる人々。
この美しく穏やかな山田の海には、明日への糧が有り続けている。


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

遠野 岩手

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


小曽納久男 
http://fuukei-shashinka.com/cn71/47-a.html



_K4P8712FB.jpg


岩手県遠野市で撮影した写真です。
7月になると、緑の絨毯に包まれます。
カッパの里とも言われるここでは、
豊かな水とこの土地を愛する人々で誰もがほっとするような
日本の原風景を感じることが出来ます。


posted by JSPA at 11:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

桃源郷 福島

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


五島健司 http://g-photo.seesaa.net/


0500FB.jpg


4月下旬、僕の住む福島市一帯は桃のピンクの花で見渡す限りの絨毯を成す。
震災から4年、今でもなお福島県産農産物への風評被害があるのが現状だ。
しかし、JAで厳格な放射能検査を行い出荷をしていることだけは
認識して頂きたい。
老若男女、小さな子供までも日本一美味しいみずみずしい桃をほおばる。
何にも変わらない桃源郷福島。


posted by JSPA at 00:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

桂林の朝日 中国

〜日本風景写真家協会HPのトップページの画像を紹介します〜


佐山哲男
http://fuukei-shashinka.com/cn71/16-a.html



18BN6825s.jpg

桂林の朝日 中国 陽朔県 広西壮族自治区

当地は亜熱帯にあり温暖湿潤気候に属しており、カルスト地形を形成しています。
古来より桂林の山水は天下第一と称され、山水画を思わせる風景は多くの文人墨客に愛されています。
特に雨後に霞が出て、山水画の世界が現れ感動的です。



posted by JSPA at 10:00| WEB写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする