2016年04月12日

ランサムウエアー対策は万全ですか?


ランサムウエアー(身代金要求型ウイルス)について私が最近体験したことを書きます。
私のPCが感染したのは通称Locky(ロッキー)でヨーロッパでまん延していました。最近は世界中に広がっているようです。
私のメインパソコンが感染したのは先月29日、
最初 低解像度のjpgデータが開けなくなりました、拡張子が「Locky」になっていました、変だなーと思いながらも、その時はシステムエラーと思いほっておきました。
翌日になってびっくり、0fficeのワードやエクセルのデータが同じように「Locky」になっていて開けません、さらに低解像度のjpgデータも数千点(後でわかりましたがtiffデータの一部も合わせて役一万点)同じように「Locky」です。
大変なことになったと思い「Locky」を調べました、そこでランサムウエアー「Locky」の事がくわしくわかりました。
すぐに有料の駆除ソフトを探してインストール、それ以上の拡大を防ぎました。
原因は迷惑メールを「仕事関係のメールと思い開いてしまったかな〜」ですが?、それ以外考えられません。
幸い私はほとんどのデータはサブpcでバックを取ってありますのですべてを失う事はありませんでしたが。一部の重要なデータを失いましたのでしばらくは苦労します。
このトラブルの解決にほぼ一週間を要しました、まだまだ後を引いています。
身代金を払ってでも回復したいデータのある人は身代金(ビットコイン)で払っている人も多数いるようです、それでデータ回復できるのかな〜?は、疑問ですが。
教訓です、・セキュリテーソフトは万全ではありません。
     ・知らない人からのメールは開かない
     ・バックはすべて取っておく(PCと接続しない、または別システムのPC)
     ・サポートの切れたソフトは使わない
     ・感染したウイルス駆除ソフトを使う
ランサムウエアー「Locky(その他)」について知りたい方は下記にアクセスしてください
https://nakedsecurity.sophos.com/ja/2016/02/17/locky-ransomware-what-you-need-to-know/
当たり前のことですが、PCは絶えず危険にさらされています。貴重な財産(写真)を失わないようにしたいものですね。
                               小野里隆夫

posted by JSPA at 09:45| デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

超高精度水準器PLV-001

最近、面白い物が手元に届いた。
それがこれ、超高精度水準器PLV-001だ。
手にした感じ、程よい重量感と高級感は、今までに無い感じた。

僕の場合、普段の撮影時には、ファインダーの
方眼スクリーンで水平を取っているので、
水準器は使用していないが、夜間撮影や奥行きのある
湖みたいに水平が分かりにくい時は、水準器のお世話になる。

PLV-001の特徴は、高精度な光学ガラスとアルミの削り出しボディで
達成した0.25度の高精度計測だ(カメラ内蔵の水準器では約1度の
物が多いので違和感をおぼえる事がある)。
あと10秒程の光の照射で5分ほど発光する蓄光機能だ。

DSC00128.JPG

先週、たまたま富士山の取材があったので
早速PLV-001を試してみる事にした。
場所は山中湖。

いつも思うのが、ここは、水平がとりにくい。
写真では分かりにくいが、良く見ると水平線が微妙に右上がりになっている。
これが結構厄介で、水平の基準が分かりにくいので、
スクリーンの方眼マットでは、構図決めは、困難を極める。
ここでPLV-001の登場だ。ホットシュー部に取り付け、
上から覗き込んで見ると、直径37mmの大口径ガラスの見易さに関心をする。
肝心な水平取りは、気泡の動く幅があるので、余裕を持って水平が取れた。
有りそうで無かった高精度水準器PLV-001は、建築などの精度を求める
写真家には、必需品になるだろう。
僕的に結構お勧めの商品だ。
まだ試してはいないが、夜間撮影時の蓄光機能も試してみたいと思う。
気になる方は、こちらのサイトをご覧下さい。

http://ganref.jp/common/direct/1312_plv/



高橋よしてる http://www.y--t.com/


posted by JSPA at 09:26| デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

シルキーピックス最新版

現像ソフト、SILKYPIX Developer Studioシリーズの
最新版である「SILKYPIX Developer Studio Pro 5」が新登場。
サイトでは、機能3つをピックアップしています。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/dsp5/

@HDR機能搭載 A高精度のホワイトバランス Bノイズ処理の向上

サイト内の掲示板への書き込みによると、まだ現像結果が安定していません。
まだベータ版、これからどんな進化を見せてくれるでしょう。

佐藤尚 http://satophoto.sblo.jp/

posted by JSPA at 18:19| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

Adobe Photoshop CS5の第一印象

秋の撮影が一段落、そろそろ、RAW現像にも取り掛かります。
そこで、やっと昨日「Adobe Photoshop CS5」をインストールしました。
今までは、「Adobe Photoshop CS3」でしたので、
1個飛ばしのバージョンアップです。

まず、「Adobe Bridge CS5」の速さに驚きました。
あっという間に画像が表示されました。
「Adobe Photoshop CS5」は、デザインが視覚的にわかりやすい。
なんといってもワークスペースの色調補正ウインドウが画期的ですね。
機能として、ゴミ取りもいいじゃないですか。

今までは「SILKYPIX Developer Studio Pro」でほぼ完結していました。
今後は、絵柄によって、積極的に「Adobe Photoshop CS5」で色調補正など画像処理をしていこうと感じました。
まだ、いじり始めたばかりです。
これから、徐々に機能を覚えていこうと思います。


佐藤尚 http://satophoto.sblo.jp/

posted by JSPA at 13:10| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

掲載誌の紹介

掲載誌の紹介。

10月20日発売の風景写真11-12月号で、今話題のペンタックス645Dの実写レポートの記事が掲載されています。

撮影したのは8月も終わる頃でちょうどソバの花が満開を迎え、コントラストも高く小さい花のディテールがどこまで描写できるか楽しみでした。
結果は、白飛びもなく花の一輪ずつが克明に描かれ、ディテールも豊富で大判フィルムを越える表現力を持っていました。
解像感も素晴らしく、2,000万画素カメラの倍以上の感じがします。
クリアーで抜けの良い画は、ローパスフィルターを使っていないことが大きく貢献しているようです。
この画を見ていると、アンシャープマスクなどの後加工は必要ないように思えるほどです。

645Dで撮影したのがこちら。
645Dソバ畑.jpg
夕刻に訪れたソバ畑で、山並みが美しく静けさが漂う風景を撮影。
山並みの濃淡が、フィルムのように豊かなディテールで再現されています。

また、旧645カメラのレンズ資産をそのまま活かせるのはありがたく、中でも1.3倍になる焦点距離のおかげで150-300oのレンズがテレコン無しで使えるのは便利です。
旧645カメラに比べてカメラブレも無く、ファインダー視野率が98%になったことで構図が正確になりました。

ただ残念な点は、1枚写した後にメモリーへの書き込みが遅く、ストレスを感じます。また、ライブビューが無いのも残念。

結論としてこのカメラは、35o判フルサイズのデジカメに比べて高感度特性や高速連写などは望めないものの、フィルムカメラと全く同じような姿勢で風景に対峙して撮影するカメラです。

さらに詳しくは、写真とあわせて誌面をご覧ください。
2010風景写真11-12.jpg


斎藤友覧 ブログはこちら

posted by JSPA at 18:58| デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

64ビットはPCは必要?

私は最近、メインパソコンを64ビット(OS)に買い替えました。
動画を初めて一年、ずっと必要を感じていましたが思い切れないでいました。
FHDフルハイビジョン(1920x1080)サイズの動画編集には必需品だったのですが。
よく今まで我慢して来たなと思います。

このPCは、64ビット対応のアプリケーションしか対応しません。
現在の周辺機器やアプリケーションのほとんどは64ビットに対応していませんので、
ほとんど使用できません。
数年後にはこの64ビットが主流になるなるのでしょうね。

しばらくは、動画編集と写真の画像処理(これが一番肝心)、だけの使用になります。

それにしてもパソコンは安くなりました。
同じ性能のパソコンが約2年で半分の値段になります・・・!


小野里隆夫  http://onozato2231jp.seesaa.net/


posted by JSPA at 22:48| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

ペンタックス645D試写レポート

猛暑が続いたこの夏。
単発の撮影取材や紅葉の原稿、撮影会講師などをこなしていました。

その一つにカメラ雑誌社から依頼され、ペンタックス645Dの試写もおこないました。
さすが!風景撮影にとって話題のカメラになっているようで、知名度は大きいですね。
行く先々で、多くの写真愛好家から質問攻めにあいました。

使用感を少〜しだけ言いますと、
4,000万画素の解像感は納得で、4×5サイズはおろか、5×7サイズのフィルムを上回っています。
ただファイルサイズは巨大なため、RAW現像からTIFFの16ビットに展開すると1枚が230MBにもなり、高速なパソコンが必要になります。
フィルムと全く同じ撮影スタイルで、じっくりと風景と対峙し時間をかけて撮影するタイプでしょうか。

さらに詳しい内容は、10/20発売の風景写真11-12月号に掲載いたします。
撮り下ろし作品とあわせてご覧ください。m(_ _)m


話は変わりますが、彼岸花の開花が大幅に遅れるようです。
やはり、異常な夏の暑さと小雨の影響でしょう。

栃木彼岸花.jpg

こちらは、彼岸花撮影スポットの一つである栃木県鹿沼市粟野川沿いの群生地。
ここの特長である、新緑のゼンマイが爽やかな印象です。
彼岸花の芽が出る時期を見計らって、地元の皆さんが下草を刈るなど大切に保護しています。

斎藤友覧   写真家・斎藤友覧 風景アルバム
posted by JSPA at 11:00| デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

パソコン

永らくパソコン作業をマックでしていましたが、
古くなり調子も悪くなって来たので、
思い切ってウィンドウズにしてみました。

理由はパソコンのスペックに高性能な物を求めて行くと、
ウィンドウズの方が安いからです。

以前は、画像を扱うならマックという時代でしたが、
現在ではそんな事は無いように思います。

当分の間は併用になるかとは思いますが、
これから色出しなど現像作業するに当たって、
慣れるまで大変でしょうね。


縄手英樹
posted by JSPA at 10:43| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

モニターの色調整

キャリブレーションを行っていればよいのかと思っていたモニターの色調整。
数日前に、仲間の写真家たち会ったときに今までの方法の間違いが判明。
春の桜の写真から画像処理をやり直しています。
8月に写した夏の写真の現像も終わろうとしていた時でした。
内容は、情けないほどのことで、ココには記述しません(ホント恥ずかしい)。

失敗を悔やんでも仕方ないので
「ストックフォト会社に納品する前でよかった」
と考えるようにして…、さて、作業、作業!
「もう失敗はないんだから」と写友にも励まされ(そのはずなんだけど…)。

モニター色調整は基本の基本。
再確認されるとよいかもしれません。

桜林
4月、福島県にて撮影。


佐藤尚 http://satophoto.sblo.jp/
posted by JSPA at 14:25| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

携帯電話 画像テストPART2

CA3H00180001.jpg
前回のテストの続き 13メガ携帯電話
福島市内で見つけた綺麗な薔薇の生け垣でテスト。
今度は 5メガで送信!

五島健司 http://g-photo.seesaa.net/
タグ:携帯 薔薇 写真
posted by JSPA at 10:46| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

携帯電話機、機種変更

CA3H0017.jpgCA3H0016.jpg

先月末発売された新機種、カシオEXILIM ca005 13メガ 防水
僕のブログは携帯で撮影した画像だから
以前の5メガより、より良い画像をお見せすることができます!

近所で見つけたツツジでテストする。
0.3メガと2メガ


五島健司 http://g-photo.seesaa.net/
posted by JSPA at 23:01| Comment(2) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

動画の編集

iPADの発表、iPhoneやXperia、ユーストリームやツイッター など、
ちまたではデジタルコンテンツ市場が活気付いてきているように感じます。
その感じはインターネットサイトから得ているのですが
その風に乗ってみたいと思うこのごろです。

春から、写真を撮るかたわら動画にも挑戦しています。
ぼちぼち、そのデータの編集作業を本格的に始めます。
編集作業は今までの画像処理作業と同様の感覚でいける気がしています。

けれど、編集作業でもっとも困惑しているのが、写真と動画で違う言葉の壁。
撮影技術を得るのも大変ですが、基本的な言葉を理解するのが大変に思えています。

さ〜て、編集作業には、どれだけ時間を費やすでしょう。


佐藤尚 http://satophoto.sblo.jp/
タグ:動画 編集
posted by JSPA at 13:25| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真

流氷朝日2.jpg  流氷朝日.jpg
上(処理後)
下(オリジナル)

いまさらとの感はありますが、新しいHDR(ハイダイナミックレンジ)ソフト(体験版)を使用して画像処理をしてみました。

本来であれば撮影時にハイライト部に露出あわせた一枚とアンダー部にあわせた二枚を作っておき合成します。
一枚の写真からでも完全につぶれたり飛んだりしていなければ、PSで明暗2枚から作れます、この場合はの多少の画質劣化がありますが。
PSでも出来ますがこのソフトのほうが簡単で早いように思います。

注意点はあまり不自然になるほど強くしないこと(意図的に強くして絵画的に表現もありますが)
2枚合成の場合は動くものがあると困難です。

私たちの風景写真では利用価値大と思われます。
値段の高いものではありませんので一考かと思います、


http://shop.junglejapan.com/js/catalog/product_info.php?products_id=2000187

          小野里隆夫
posted by JSPA at 09:34| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

動画にBGMを入れたら著作権法違反?


八ヶ岳蓼科高原 スライドショー冬編 (2月28日製作)

私は動画編集をやっていて、きわめて単純な事がわかりました。

最近は誰でも手軽に動画を撮影、編集をして音楽(BGM)を入れてネットにアップ出来ますが、このBGMを市販の音楽ソフト、またはネット販売の音楽を許可無く使用したら著作権の侵害になるようです。
この場合ネットにアップしなければ問題ありませんが。

ネットにアップした場合は、よく言われる「個人で楽しむ範囲を超えている」との解釈のようです、それで収入があるか無いかとは関係ないようです、またネットではグレーゾーンも多くなってきています。

デジタルブックのように雛形規格品として販売されているものはロイヤリティーを支払って使っているようです。
このことを知らずに市販の音楽を使用している人は大勢いると思います。

昔から言われていることですが、ネット(デジタル)の世界は技術やシステムがどんどん先に進んでいて法律や私たちの意識や認識がまったく追いつけない状態です、私は逆に離れて行っているのではと感じます。

ネットでいろんな事が出来て便利になる事はよいのですが、知らないうちに著作物の侵害にならないように気をつけたいと思っています。

ちなみに、このスライドショーは写真を動画編集ソフトを使って作ったのですがBGMが入れられません、著作権の切れているクラシック音楽をカミさんに弾いてもらって入れようかな(^-^)!。

        小野里隆夫

posted by JSPA at 18:18| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

デジタルカメラの画像

デジタルカメラの画像処理の方法はどんどん新しくなっていきます。
その方法を取り入れ作業した方が、よりスピーディーでキレイに行えます。
私も、昨年の今頃とは全く違う方法です。
今後も勉強が必要だと思っています。
二つのブログ記事、ご参考までご覧ください。

ブログ『Photo of the Day』では
「キヤノンのピクチャースタイル」について
http://thisistanaka.blog66.fc2.com/blog-entry-466.html

ブログ『from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」』では
「Photoshop Light room3 beta」について
http://mashtokyo.exblog.jp/12860451/


佐藤尚 http://satophoto.sblo.jp/
posted by JSPA at 08:47| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

HDR(ハイダイナミックレンジ)

最近おもしろいいサイトを見つけました。

HDR(ハイダイナミックレンジ)を利用して新しい表現を試みています。
これはもう私たちの考える写真の概念を超えています。
HDRもここまでやると新しいアートの分野になるかも?、ですね。

優秀なデジタルカメラと画像処理ソフトそしてインターネットを利用して新しいクリエイターがどんどん生まれています。

ストックフォトの業界でも新しいネットシステムで新しいタイプのプロカメラマンが生まれてきているようです。

フイルムで育った私たちには絶対に創れない映像かもしれません。

すでに見ている人もいるといる思いますが,興味のある方は覗いてみてください「ビックリします」。 → ( http://hdri.iwalk.jp/


小野里隆夫 http://onozato2231jp.seesaa.net/

posted by JSPA at 00:04| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

EOS 5D Mark U の動画

キヤノン EOS 5D Mark U は、動画が撮れるので
外国をメインに撮られている写真家吉村和敏さんが
ヨーロッパを動画で撮影してくると、以前にブログに書かれていました。
それを読んで写真家さんも動画をやる時代か〜
表現方法も変化しているんだな〜
なんて感じたものです。
当協会の方たちも動画を始めているのでしょうか。

10月1日、EOS 5D Mark U で撮影された番組が放送されるそうです。
http://web.canon.jp/pressrelease/2009/p2009sep18j.html

テレビにまで使える画質なんでしょうか。
凄いですね。

こちらのブログ記事が参考になります。
撮影技法もいろいろでシフトレンズでの撮影もされているようです。
http://f2f4d1x.at.webry.info/200909/article_21.html
http://f2f4d1x.at.webry.info/200905/article_6.html

私は、EOS 5D Mark U を持っていません。
そんなわけで、写真撮影のみに集中するとしますが (^^;)


佐藤尚 http://satophoto.sblo.jp/
posted by JSPA at 10:25| Comment(2) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

RAW現像はDPPそれともCamereRaw?U

先日の私のRAW現像の記事についてコメントくださった方、 ありがとうございました。
その後ネットその他で調べたり、印刷関係の人に聞いてみたりしましたが。
私の結論はどちらを使うかは自分の好みや撮影スタンスで決めれば良いと思いました。

機能的にはCamereRawが少し優れているかなとも思いますが、それも個性の範囲と思われます、フォトショップで多くを処理する人はCamereRawが使いやすいと思います。

私達は印刷に適した原稿を作るのが目的ですが、キャブレーションされたモニターであってもモニター上で適正と思われる色味が、必ずしも印刷仕上がりの良さとはイコールではないと言う専門家もいました。
ならどんな原稿がいいの?と聞きたいです。

私達は自分のデータの印刷物を見る機会が少ないので、なるべく入手して参考にしたいですね。

デジタルはまだまだ分からない事ばかりです、これからも勉強です。


小野里隆夫 http://onozato2231jp.seesaa.net/
posted by JSPA at 11:09| Comment(2) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

RAW現像はDPPそれともCamera Raw?

先日の当協会の集まりでRAW現像ソフトは何がベストかが話題になりました、DPP使用の方が大半でしたので少しビックリでした、理由は処理が早いからとの事でした。

私の使用カメラはキャノンですがすべてCamera Rawで処理しています、一旦TIFFで保存した後でも色等を変える必要があれば再度Camera Rawで開いて処理しています。
レタッチ等その他Camera Rawで出来ない事はPhotoshopでの処理になりますが。

5年以上前に、フイルムからデジタルに切り替えた当時に同じRAWデータをDPPとCamera Rawで現像して比べたことがあり,Camera Rawのほうが画質が良かったように記憶しています、とうぜん色コントラスト等も多少の違いはありました、それ以来DPPは使用していません、

DPPのキャノンレンズのゆがみに合わせた補正機能は捨てがたいと思いますが、総合的にはCamera Rawのほうが優れていると認識しています。

それと写真を使用するデザイナーや出版印刷関係ではアドビー製品のソフト使用が多いと思います、印刷原稿ではAdobeRGBの色空間ですからアドビーのソフトのほうが違和感はないのではと認識しています。

どなたか詳しい方の意見を聞かせてください、書き込みを期待しています。


小野里隆夫 http://onozato2231jp.seesaa.net/



posted by JSPA at 22:20| Comment(4) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

キヤノン EOS-1Ds Mark III のシャッターバウンド(?)

約1年半前に購入の キヤノン EOS-1Ds Mark III ですが
最近、高速シャッターで画像上部にムラが出るようになってきました。
高速シャッター撮影は頻度が多くないですし、取材が続いているので、
そのままとしていますが、
8月中には点検に出そうと思っています。

こんな症状です。
「価格.com」 http://bbs.kakaku.com/bbs/00490111092/SortID=9798190/


佐藤尚 個人ブログ http://satophoto.sblo.jp/
posted by JSPA at 09:46| Comment(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする