2015年07月04日

日本風景写真家協会『日本の里』展のご案内

7月10日(金)から7月16日(木)まで
銀座、ギャラりー・アートグラフにての写真展中
7月12日(日)13:00から行われる
写真セミナーの講師の一人をご紹介いたします。
セミナーは無料です。
7月10日(金)18:00〜20:00会場にて
オープニングパーティがあります。会費¥3.000−。

高橋智裕氏(石川県金沢市在住)

福島県いわき市在住の時、2011年東日本大震災で
ご自身が被害に遇われたのを機に、出版社に勤務されていたのを退社し
フリーの写真家に転向して災害現場を記録し取材を続けているのと
東北の風景・風物を撮影している。
2013年に拠点を北陸に移し、東北と北陸を中心に活動して
テレビ、ラジオのコメンテータも務めている。
東日本大震災の被災地や東北、北陸の風景など
全国から依頼を受け開催した写真展の個展は32回にもなる。

高橋智裕氏が今回「日本の里」展で
「里を思い里を撮る」というテーマで作品投影と解説を行います。

_高橋智裕氏.jpg





posted by JSPA at 11:41| 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。