2010年12月11日

秋の回想録

『トラブル続きのスタートU』

さて私は、鳴子峡でW・キャンパーも復旧し
鳴子峡の素晴らしい紅葉に気を良くしていました。

2日目の早朝 薄暮の中 山に雲がたなびいているように見えた。
急遽 撮影場所にカメラをセットし よーく見たら
雲ではなくてそれは「新雪の山」だった。 
徐々に明るくなり山の輪郭がはっきりしてきた。
暫くすればモルゲンロート(朝焼け)が始まると判断して テスト・シャッターを切った。

ところが モニター上に 画像が なかなか現れない。
ウム? 続けてシャッターを切った。 
やはり画像は 出ない モニターに出るのは エラー70。  
指示通り 電池を入れ替え 設定の確認 書き込みメディアも替えた が結果は同じ???
そうこうしているうちに 朝焼けは始まってしまった。

前日まで、何事もなく撮影していただけに 予想外のできごとに焦った。
車に戻って 予備カメラを取り出すも 時すでに遅し 感動の一瞬は逃してしまった。
ガックリし、車に戻りながら デジタルカメラに無性に腹が立ってきた。
しかも これからの取材が始まるのに。

カメラメーカーが open する時間まで待ってTELした。 
答えは、「お客様では対処不可能です。持ち込まれるか宅配で修理依頼をお出しください。」

今、現場にいるんだ そんなことできるか〜。  
取材放棄で帰宅は出来ないし、予備カメラでは 容量不足。
一緒にいた会友が 仙台に1台だけ カメラがあるのを探してくれた。
やむなく 仙台まで車を走らせたのである。

長くなってすみません 飽きたら飛ばしてください。



後日 修理にだしたら 基盤がダメになっている可能性がある。
このカメラは 頑丈にできているので 修理基本料金が 他機種の倍 プラス 取り替え基盤も
当然他機種より高くなる… との話に。



教訓
デジタルカメラは予告なしに突然故障する。
自分では 対処できないことが多い。 
壊れることを前提に 同等のボディを2台は 持参することetc.


これがもし 海外あるいは離島であったらと ぞーっとした。

その後、急遽購入したカメラで 伊豆沼から岩手県。
さらに 弘前へと移動して撮影を続行したのである。

こういうこともあるので 参考にしてください。
 

弘前城.jpg
弘前城 11月6日撮影


明日から
小布施展の撤収作業に出かけるため 暫くブログ投稿ができませんので
宜しくお願いします。 

本橋 昂明 http://www.komeip.com/


(前回記事は、コチラ)



posted by JSPA at 17:42| Comment(0) | 紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。