2009年03月26日

やっとRAW現像が終わったぞ!

流氷と日の出

2月の中旬から3月上旬まで東北北部と北海道の取材に行きました。当初はいきなり北海道へ渡るつもりでしたが、流氷や雪の状況が好くないとのことで、田沢湖や角館、奥入瀬、八甲田周辺に留まり撮影をしました。角館ではたまたま「火振りかまくら」の行事に遭遇したので、夕飯前に一仕事。八甲田では、酸ヶ湯温泉の「千人風呂」から上がると満天の星空の中、オリオン座が一際寒空にキラメキを放っていました。

2月20日、待ちに待った大寒波が襲来し、オホーツク沿岸に流氷が接岸したとのニュースが飛び込む。嵐がやむのを待ち、22日の最終便のフェリーで八戸から苫小牧へ向かい、翌朝一気に網走まで走る。

オホーツク沿岸は知床半島の先端まで流氷で埋め尽くされていた。

大寒波が去った後、天候にも恵まれ、10日ほどの北海道滞在であったが当初の目標であった流氷の写真が何とか撮れたので、まあーいいか・・・。

霧氷とオリオン座

火振りかまくら

3月5日、帰京。取材した膨大なデジタルデータの現像、ゴミ取り、ファイルの保管など地獄の日々が続きましたが、やっと開放されました。


写真解説
『流氷と日の出』網走 3月1日
『霧氷とオリオン座』八甲田 2月19日
『火振りかまくら』角館 2月15日



山梨勝弘



posted by JSPA at 12:34| Comment(1) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがに大先輩、売れそうな写真です。負けました。仙台港にて
Posted by 田中正秋 at 2009年03月28日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。